FC2ブログ

寝ても覚めても

ARTICLE PAGE

夜景を見ながら~2013.01.XX

お腹も満たされて、部屋に戻った。

私はホテルに着いたら翌日着る洋服や下着をハンガーに掛けたり、
持ってきた小物をデスクやバスルームに並べる癖がある。
いつも通りにやっていたら、それを見て彼が笑っていた。
彼のスーツやシャツもハンガーに掛け、革靴を磨き私の靴の隣に並べた。

2人でベッドに入ったのか、それとも既に臨戦態勢だったのか、もう覚えていない。

ただ一つ覚えているのは窓に手をついて立ちバックしたこと。
周りは高い建物はあまりなく、街の灯りを眼下に交わった記憶がある。
打ち付けるように激しいかと思えば、ゆっくりと留まりながら
彼の大きな手が私のお尻や背中、脇腹や乳房を這っていた。

お互い裸で眠りについたと思う。
スポンサーサイト
[PR]

2 Comments

ぽけっと  

窓辺での立ちバックを想像して朝から興奮してしまいました。

次の更新が楽しみです。

2017/11/14 (Tue) 06:52 | EDIT | REPLY |   

ななみ  

ぽけっとさん

コメントありがとうございます。

興奮されたんですね。
なんか恥ずかしいです

2017/11/14 (Tue) 22:15 | EDIT | REPLY |   

Post a comment